明大前の住み心地をチェック


総合

明大前駅
明大前駅出口。土日祝日は学生の数も少ない。

明大前は京王線と井の頭線が停車する駅で、その名の通り明治大学の最寄り駅となります。新宿と渋谷へ鉄道1本でアクセスでき、京王線の場合は特急も停車するので、私鉄駅のなかでは大変便利な場所です。

駅北側に太い幹線道路「甲州街道」が東西に走り、これを渡ると明治大学和泉キャンパスが見えてきます。南側は駅を出て歩いて間もなく閑静な住宅街になり、世田谷区の住宅街らしい平和的な低層住宅地です。

甲州街道を通って、東西それぞれ1キロにも満たないところに代田橋駅・下高井戸駅があります。さらに南北の住宅街に深く入っていっても、井の頭線の停車駅(永福町・東松原)が近く、その気になれば徒歩で行き来できる距離となっています。こういった点からも、明大前の交通の便の良好さがわかるかと思います。特に下高井戸は、明大前より駅前商店街の充実性が優れているので、買い物の便を補うことができそう。

駅周辺

駅周辺
駅から北側「明治大学キャンパス」の方向。
商店街
駅周辺の商店街の規模は大きくない
商店街
活気がないわけではないが、日常の買い物に利用するには充実差に欠ける。

駅前は大学生向けの格安飲食店や文具店も含めた商店街となっていて、平日は学生が歩く姿が目立つ学生街然とした騒がしい印象も感じられますが、土日祝日ならこの喧騒がなくなって幾分穏やかな雰囲気のようです。2路線が交差し特急停車駅でもあるわりには、商店街の規模はそれほど大きいわけでもなく大型スーパーもないので、日用品や日常の食料品調達ための利用には充実さに欠けているといった印象。

商店街
徒歩数分で店舗の数も減り、閑静な住宅街へ入っていく

より閑静な住宅街は駅南方

住宅街
世田谷区松原1~2丁目の住宅街は、とても静かな良環境
住宅街
人ごみや自動車の喧騒はまったくない

駅南側がとても静かな住宅街となっています。交通量の多い大通りもなく明治大学キャンパスと反対方向なので、自動車や人ごみの喧騒もないエリア。住所的には「世田谷区松原1~2丁目」で、住み心地の良さがうかがえる平和な環境です。南方へ進むほど閑静さは増していき、井の頭線の東松原駅も利用可能なエリアとなります。

駅北側の甲州街道沿い渡ったエリア(明治大学キャンパス付近)も「杉並区和泉」の住宅街で、駅からは多少離れてしまいますが、家賃相場では世田谷区松原エリアより安めとなっています。こちら側も井の頭線の永福町駅が徒歩圏内に入ってきます。

甲州街道
駅北側の甲州街道。これを渡った先は杉並区の住宅街。

明大前の家賃相場

甲州街道を渡る必要のある「杉並区和泉エリア(徒歩10分前後)」ですと一人暮らし用のマンションで6万円前後から、より閑静で良環境な南方「世田谷区松原エリア(徒歩2分~)」ですと7万円前後の家賃相場といったところ。二人入居用物件ではやや高めの印象があり、一人暮らし用物件の倍額が必要になってきそうです。総合的には、交通の便の良さに見合った妥当な相場といえます。

明大前の住み心地は?

甲州街道沿い大学最寄り駅というとどうしても学生街的な喧騒を想像しがちですが、明大前駅に関しては駅前繁華街が小規模なのでそれほど喧しい印象は目立たず、休日ともなれば駅周辺ですら穏やかな環境なので、比較的住みやすいエリアです。交通の利便性についても文句なし。ただ一つの難は日常の買い物の便でしょうか。自炊が基本の食習慣の人には不便さがありそう。この点では下高井戸や桜上水などに劣っているといえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です