神楽坂の住み心地をチェック


総合

駅出口
早稲田通り沿いにある駅出口

神楽坂は東京メトロ東西線の停車駅で、早稲田通り沿いに位置しています。北側に江戸川橋、南側に牛込神楽坂、東側に飯田橋駅が、それぞれ近い距離にあるので、交通の便が大変良好な都心中心部の好立地となっています。駅から早稲田通り東側方向が「神楽坂」という名の商店街で、テレビや雑誌でも店舗が取り上げられる有名な場所です。平日、休日を問わず賑やかな通りですが、日常の買い物場所という趣ではなく、遠くから遊びに来る人で賑わうスポットといった印象。それ以外のエリアはいたって静かめな住宅街然としていて、築年が古めのアパートと最近建てられた高層マンションが混在しています。

駅周辺

新潮社
駅南側にある大きな建物群は、新潮社のビル
商店街
お散歩コースとしても人気な神楽坂の商店街
早稲田通り
道幅の広かった早稲田通りですが、この辺りでは極端に狭くなり、自動車騒音が聞こえなくなる。

人通りはそこそこあり小さな飲食店や商店が集まっていますが、喧騒はありません。また、この辺りから東方にかけて「早稲田通りの道幅が狭くなっている」ため、同じ東西線の早稲田駅周辺に比べて自動車の往来音が少なめ。そのため、駅近くの住宅街がとても閑静に感じられます。

小道は風情のある静かさ、大通りでは高層マンション

住宅街
早稲田通りから脇の細道は静かな環境に。
住宅街
閑静な雰囲気

早稲田通りから脇道へ入ると、穏やかな雰囲気の住宅街が広がります。多少傾斜のある地形に狭い道が迷路のように形成されていて、中・小規模のマンションや木造アパートが連なっています。対して早稲田通り沿いは、新築マンションの建設が相次いで行われているかのようで、背の高い建物が目立つようになります。

早稲田通り沿い
大通り沿いは、背の高いマンションがどんどん建てられている。

神楽坂の家賃相場

都心の便利なエリアなので当然高めです。鉄筋コンクリート製で築年が平成以降の建物では、家賃8万円前後を予算として考える必要がありそう。多少古めのアパートでも6万円台後半くらいでしょうか。2人入居用のお部屋でも、やはり14万円~15万円くらいの家賃です。

神楽坂の住み心地は?

昔ながらの静かな住宅街と新しい高層マンション群という2つの面がありますので、好みによって狙う物件が分かれるところですが、いずれも交通移動の便という点では抜群です。神楽坂商店街以外にも駅近隣に大型スーパーもきちんとあり、買い物にも困ることはなく、生活上の利便性は十分でしょう。したがって、総合的に住み心地の良好なエリアといえます。ただ、いくつかの食料品店に入ってみて、物価は高めな印象は感じますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です