駅周辺

早稲田の住み心地をチェック


総合

早稲田駅の出口
早稲田駅の出口

早稲田は、東京メトロ東西線が高田馬場の次に停車する早稲田通沿いの駅です。駅周辺は学生向けに盛業する飲食店が多数見られ、平日ともなればそこそこ賑やかな雰囲気となります。この駅を最寄りとする早稲田大学のキャンパスが早稲田通りを挟んでいるほか、高校や受験予備校も近隣にあるため、駅周辺は10代の若年層が多数を占めるといった感じです。

高田馬場の住み心地記事では、早稲田通りを学生向けに低価格でサービス豊富な飲食店が多くひしめく「グルメ通り」と表現しましたが、早大キャンパスに近いエリアに入ると、この通りは古本屋が多数ひしめく通りとなります。

駅周辺
そこそこ賑やかな駅周辺。平日にはさらに熱気が。

学生街特有の騒がしさはないとはいえないまでも、高田馬場に比べると幾分落ち着いた印象で、どうやらこの界隈の学生が騒ぐ場所は高田馬場近辺が主のようです。

休日の駅周辺が良好な居心地か

スーパー
早稲田通沿いにある食料品豊富なスーパー
早稲田通り
この先をまっすぐ進むと高田馬場に着く。左側の鳥居は穴八幡宮」のもの
早稲田通り
明治通りとの交差点に向かうと、両側に多くの古本屋が見られる。

日本屈指のマンモス校である早稲田大学の最寄り駅だけに、平日には学生街然とした雰囲気がありますが、大学の休講日である日曜祝祭日ですと、ちょうど良い活気の環境を満喫できます(部活動等で多少は学生たちが見られますが、平日に比して明らかに減る)。

商店街
キャンパス付近には学生向けの商店がひしめくが、休日はいたって穏やか。

近隣には「大熊通り商店会」「南門通り商店会」など多数の商店が集まっているようですが、いずれも学生向けの営業なのか休日は賑わっていません。早稲田通り沿い駅のすぐ近くにそこそこ大きなスーパーがあり、食料品調達の要はこちらになるでしょうか。

早稲田通りから脇に落ち着いた住宅街

住宅街
新宿区早稲田町81の辺り。早稲田駅から東側へ8分ほど歩いたところ。

学生会館のような下宿のための建物も当然ありますが、駅から東側あるいは北東側に行くとなかなか閑静な住宅街になっていきます。外苑東通りとの交差点に近づくほど学生街的な雰囲気はなくなっていき、住み心地が良くなっていくといった感じでしょうか。

早稲田の家賃相場

通常のアパートでも6万円台中盤から、築年の新しい綺麗なマンションをとなれば、7万5000円~8万円ほどが最低ラインとなり、少し高めな印象。寮や下宿という選択肢もある早稲田大学の学生はともかく、この近辺で賃貸マンションを探す一般の方は、それなりの予算を前提に考える必要がありそうです。

早稲田の住み心地は?

高田馬場ほどガヤガヤとした雰囲気とまでいきませんが、やはり10代の若年層が群する環境であることは確かです。早大キャンパスから距離を置いた早稲田通り脇道はそこそこ静かな環境なので、この界隈でのお部屋でしたら、東側方向(神楽坂の方向)を狙うのが得策ではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です