住宅街

目白の住み心地をチェック


総合

目白駅
解放感のある駅前。高台なので新宿や池袋方向を見下ろせる

目白は池袋と高田馬場の間に山手線が停車する駅で、高級住宅地として有名な地域です。目白駅最寄りでなくともその名前を冠するマンションも多く存在するほど、目白という地名はブランドになっているようです。

目白駅そのものは比較的規模の小さい繁華街で、駅の東側に学習院大学とその付属校の敷地、北西および南西側に閑静な住宅街が広がります。下落合の住み心地記事では「目白通りに近づくほど雰囲気が良質になっていく」と記しましたが、下落合3丁目に差し掛かったところでもすでに洗練された環境を醸し出しており、さらに北側の目白3丁目~5丁目に入ると、ブランド地域であることが頷けるほどのセレブな雰囲気をもつ住宅街になります。

駅周辺

駅前
目白駅周辺の繁華街
学習院大学キャンパス近く
目白駅から徒歩1分くらい東側へ歩いたところ。右側は学習院大学の敷地。

駅を出て目白通り西側は、規模は大きくないものの明るい繁華街がしばらく続いていきます。通りの横幅のおかげもあって狭苦しい感じもなく、お洒落な店舗も多く並ぶ良質な繁華街といえます。東側は学習院大学のキャンパスとなり、やはり落ち着いた上品なイメージがあります。

目白2丁目から広がる住宅街は圧巻

住宅街
高級感のある住宅街

駅から北西側の広大な住宅街は極めて高級感漂う重厚な雰囲気です。東京を代表する高級住宅街といわれるだけのことはありますが、周辺は住宅のみでコンビニもほとんど見つからないので、買い物に行くには目白通り沿いまで出なければなりません。しかしそれを差し引いても、「いつかは住みたいところ」と多くの人が憧れるほどのこの良質な環境は素晴らしいものです。

住宅街
洗練された雰囲気が漂う

セレブさはなくなるが、現実的な家賃相場まで落ちてくる下落合3丁目エリア

住宅街
下落合エリアの家賃相場は下がるが、目白らしさは変わらない

目白通り南側の住宅街は下落合という住所になる場所ですが、目白駅を最寄りとして利用できる一帯は狙いめです。上記の高級住宅街は「リーズナブルなお家賃で」とはいかなそうですが、この下落合エリアであれば幾分お安い家賃設定になっている物件が多いからです。

目白の家賃相場

高級住宅街なので、当然相場は高いです。特に目白通り北側に関しては一人お住まい前提の賃貸マンションで9~10万円が最低ラインとなりそうです。目白通り南側の下落合エリアであれば、6~7万円という現実的な金額になるので、よほど懐に余裕がわるわけでもないのならこちらを狙っていきたいところでしょう。

目白の住み心地は?

重厚な高級感に上品な閑静住宅街ですから、その住み心地の良さは折り紙つきです。JR山手線の駅である以上交通の至便も十分でしょう。買い物の場所は、目白駅から西へ200~300メートルほど歩いたところに大きめのスーパーがありますし、駅前の繁華街も利用すると良いかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です