光が丘の住み心地をチェック


総合

光が丘パークタウン
大型の集合住宅がひしめく
光が丘公園近く
緑地の豊富さが住みやすさに一役かっている

光が丘は、練馬区内にある都営大江戸線の停車駅です。東京都北部の町で埼玉県との県境にも近く、都心部から20キロ以上と距離もありますが、移動利便性の良好さが第一にピックアップされるエリアといえます。

東北側で東武東上線の成増、下赤塚エリアと比較的近い距離で接しており、居住地が駅から北側方向の位置であればこれらの駅も最寄りに利用することもできます。そのため、「新宿副都心」「上野・両国等の下町」「六本木・浜松町等の港区」「池袋板橋エリア」と多方向へスムースにアクセス可能となり、素晴らしい交通利便性となります。(光が丘駅が大江戸線の「始発駅」であるという点も見逃せないメリットです)

光が丘という町の住環境は、「非常に良くできた箱庭」と表現することができるでしょう。駅周辺(というより駅自体)が大型の商業施設となっており、食料品や衣料品等の総合スーパー、郵便局、図書館、そして近隣に総合病院・警察署・清掃工場・公園が配置されています。駅至近の範囲に必要な都市施設がぎっしり詰まったこの町の形状ゆえ、日常の買い物が全てこの駅周辺でまかなえてしまえる、生活利便性に大変優れたエリアです。

光が丘の町の光景
団地住宅が集合するエリア

光が丘パークタウンという名の広大な団地集合エリアが、この駅を利用する人々の主要な居住地となっていて、辺りには巨大なコンクリート製の建物が林立した光景が広がります。そこに豊富に配置された公園の緑地が「コンクリート群の無機質さ」を中和しており、程よい住みやすさを維持しているようです。

 

駅の真上に大型ショッピングモール

光が丘駅出口
光が丘駅出口。商業施設と連結している。

都道443号線「笹目通り」からの支線となる大通りに沿った配置で駅の出入り口があります。大型商業施設「光が丘IMA」がこの大通りを挟んで位置しており、この複合施設内にあらゆるジャンルの商店が入っています。大江戸線の駅出口とも接続しているので悪天候でも難なく利用できるほか、地下道で大通りを横断できるので南館北館それぞれの移動も容易な構造となっています。駐車場や駐輪場も富み、各所にサービスが講じられた便利なショッピングモールです。

光が丘IMA
光が丘IMA
光が丘IMA付近
光が丘IMA付近
光が丘IMA
光が丘IMAで、すべての生活至便がかなう
大通り
この大きな通りを挟むように、商業施設が南北に建つ
光が丘駅出口
雨の日でも一切濡れずに買い物に勤しめる

駅周辺に適所配置された緑地

公園
光が丘の住みやすさを演出する公園

大型の光が丘公園をはじめ、駅至近には至る場所に緑地が形成されています。このエリアの清涼な住み心地を演出する立役者はまさにこの公園となります。公園内敷地はジョギング・ドッグランに至便なだけでなく、日常の疲れを癒す森林浴に利用する人々も散見できます。

光が丘公園内
光が丘公園内で、ジョギング・散歩も。清涼な空気で日常の疲れも癒せる。

居住区の大半を占める団地群

戦後に新興住宅エリアとして開発された経緯があるだけに、大規模な集合住宅が多数林立しています。この団地群「光が丘パークタウン」はUR(都市再生機構)・都民住宅の集合体となり、光が丘エリアの象徴的な存在となっています。

集合住宅
駅前から並び建つ大規模な集合住宅
集合住宅
URや都民住宅として入居者を募集している
集合住宅
豊富な緑地が、コンクリートジャングルの無機質さを軽減している。
住宅街
団地群以外の住宅街の様子

陽が落ちると雰囲気が一変

夜間帯の駅前
22時の駅前の雰囲気
夜間帯
奥に見えるスーパー「LIVIN」が23時に閉店すると、いよいよ漆黒の空間に。

このエリアの生活利便と町の機能として重要な役割を担う「光が丘IMA」ですが、この施設の商店が次々に閉店する夜間帯になると、周辺環境が一変して寂しげとなります。21時頃から閑散とし始め、23時を過ぎれば極めて静寂な駅前の空気です。

町から光が消えた途端、コンクリートの建物群と漆黒な緑がかえって不気味な雰囲気を発するうえに、買い物利便性が極端に悪化します。(光が丘駅周辺は24時間営業のコンビニは疎ら)したがって、単身で毎日の帰宅の遅い方は、光が丘の優れた都市機能の恩恵を受けることができません。この夜間帯の極端な環境の変化は確実に留意したいところでしょう。

夜間帯
緑地も夜間となれば、寂しげな夜道に。

光が丘の住み心地は?

駅周辺とても気の利いた、町づくりの配慮が各所に見受けられる優れた箱庭という点で、お子様連れのファミリーの方には適した住環境といえます。日中の平和で清涼な雰囲気に、近場で日常の買い物が全て網羅され、都心部への通勤通学の利便の優秀さは非常に魅力的といえるでしょう。

ただし、夜間帯に環境が一変する傾向は注意が必要です。特に食料品スーパー「LIVIN」が閉店する23時以降に帰宅するような生活スタイルの方にとっては、この場所は単なる不便な漆黒の孤島になります。

集合住宅

光が丘の家賃相場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です