町田の住み心地をチェック


総合

町田駅周辺
東京都西部随一の商業地域である町田
電車一本とはいえ、新宿から30キロと、都心部との距離感はかなりある
電車一本とはいえ、都心部との距離感はかなりある

町田は、JR横浜線と小田急線(小田原線)が停車する多摩地域の駅です。東京都内で最も南方となる町田市内の中心商業地として栄えており、多摩地域のみならず神奈川県有数の乗り換え駅として機能しています。

東京都心部とは、新宿から約30キロの距離で小田急線が結び、その所要時間は急行使用で概ね35分前後となります。距離感としては中央線で新宿~立川、京王線で新宿~府中、と同様の体感でしょうか。

神奈川県川崎市、相模原市、横浜市に囲まれるように位置する町田市は意外にも敷地面積が広く、東方では田園都市線の「つくし野」「南町田」、西方で京王相模原線の「多摩境」と接し、小田急線上では「玉川学園」「鶴川」までが町田市内に含まれます。

多摩地域ということで、都市部とかけ離れた緑豊かな自然な風景が目立つエリアではありますが、町田駅周辺に限っては八王子や立川を遥かに凌駕するほどの繁栄に満ちた商業地域が広がっています。周辺の相模原や川崎エリアが長閑な環境な分、町田駅周辺の活気は突出してインパクトがあり、東京都多摩地域や神奈川県北西部に暮らす人々にとっても主要な商業都市となっています。

町田中央通り
町田駅から北東徒歩5分前後のところ
町田駅周辺
駅南側(神奈川県側)の様子
商業地域を離れれば、緑地の豊富な多摩地区の清涼さが満喫できる
商業地域を離れれば、緑地の豊富な多摩地区の清涼さが満喫できる

 

駅周辺は、東京都内でも有数の商業地域

町田駅(小田急線)
小田急線の町田駅出入り口。小田急百貨店も見える。
駅構造上、乗り換えがやや煩わしい
駅構造上、乗り換えがやや煩わしい

小田急線と横浜線が十字に交差する地点を中心に商業地域が広がります。駅の構造上、両鉄道の乗り換えが多少面倒なのは難点で、町田街道と小田急線の線路の駅前交差が踏切式となっている点が、慣れていない利用者の移動時間をさらに浪費させます。通勤通学で町田駅を利用する際の注意点のひとつでしょう。

駅構内及び周辺には「小田急百貨店」「町田東急ツインズ」「マルイ」「ルミネ」「ヨドバシカメラ」をはじめとした大型ショッピング施設が密集しており、人通りも平日休日問わず極めて過密な商業エリアです。東京都西部では随一の繁華街集積度で、駅周辺の様子は大変賑やかなものです。日常の買い物のみならず、休日の余暇を楽しみに来る人々も散見できます。

町田の商業エリアは、主に北側へ伸びており、南方面では神奈川県との境となる川(境川)を渡ると途端に閑静な住宅エリアへの風景へと変わっていきます。

小田急線内の中では、新宿に次ぐ利用客と商業規模を誇る
小田急線内の中では、新宿に次ぐ利用客と商業規模を誇る
小田急線は高架してないため、わずかに足止めをくらう駅前の踏切交差
小田急線は高架してないため、わずかに足止めをくらう駅前の踏切交差
平日休日を問わず人通りは多い
平日休日を問わず人通りは多い
複数の百貨店と大型の商業施設。そしてそれらを囲う商店街。
複数の百貨店と大型の商業施設。そしてそれらを囲う商店街。
東京都民と神奈川県民の双方にとって主要な商業都市
東京都民と神奈川県民の双方にとって主要な商業都市

多摩地域らしい、緑の豊富な住宅エリアも

 

町田市原田の住宅街。駅からは徒歩にして10~20分前後
町田市原田の住宅街。駅からは徒歩にして10~20分前後

広大な商業地域を抜け切るのに15分ほど歩く必要はありますが、多摩地域の清涼な住宅エリアはもちろん期待を裏切ることなく良好な住環境を提供してくれます。都心部との距離もあるので空気も澄み、遠方に見える山々がますますもって清涼感を滲みだしています。また、道路の幅員に余裕があり、開放的な雰囲気もさることながら、歩行や自転車走行上の安全面で優れている点も、大きなプラスポイントと言えそうです。

駅から南側の神奈川県相模原市方面も閑静な住宅街が広がりますが、道路の整備性や建ち並ぶ建物などを比較すると、住環境の質感では東京都町田市の住宅エリアのほうに軍配が上がります。

住みやすさがうかがえる、多摩地域の閑静な住宅エリア
住みやすさがうかがえる、多摩地域の閑静な住宅エリア
緑地と低層住宅の組み合わせが、開放的で清涼な住環境を提供してくれる
緑地と低層住宅の組み合わせが、開放的で清涼な住環境を提供してくれる
駅の南側至近のところに流れる境川を渡れば、相模原市の住宅街が広がる
駅の南側至近のところに流れる境川を渡れば、相模原市の住宅街が広がる
都心から離れたエリアなだけに、緑も段違いに豊富
都心から離れたエリアなだけに、緑も段違いに豊富
家賃相場は高めだが、利便性と住みやすさのバランスが良好な町田
家賃相場は高めだが、利便性と住みやすさのバランスが良好な町田

 町田の住み心地は?

IMG_0015_sIMG_0029_sIMG_0028_s駅周辺の商業利便性と住宅エリアの清涼さからして、レベルの高い住環境を得られることは間違いないでしょう。ただ、都心からの距離にしては賃料相場が比較的高いのが少し気になるところでしょうか。町田駅徒歩十数分の住み心地の水準は、同じ小田急線内で「登戸」「向丘遊園」「柿生」などでもお得な賃料予算で手に入れることができるからです。

町田を「住む場所」としてよりは「買い物場所」「休日に遊ぶ街」として考え、小田急線か横浜線の近隣駅に住居をかまえるという選択の方がが懸命だ、という意見がどうしても勝ってしまうように思えます。

 

町田の家賃相場

町田の住み心地をチェック」への1件のフィードバック

  1. ヌワンポ より:

    まぁずいぶんと町田をお褒めになること。そんなに賑やかで商業施設が充実しているのであれば、多摩都市モノレールの延伸など希望せずともよろしいのではないですか?これ以上中央沿線に人が流入してきては大変ですから。あまりにも主観的で八王子・立川を凌駕するような表現は訂正を求めますね。商業施設に限定すれば立川が群を抜いています。相模原も政令指定都市ですしとても栄えてますよ。何を根拠に住宅地の質感の比較をされ町田に軍配があがるのか理解不能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です