都立大学の住み心地をチェック


総合

目黒通り
交通量も穏やかで歩道スペースにもゆとりのある目黒通り
自由通り
隣駅の自由が丘とつながる自由通り

都立大学駅は、渋谷から5つめとなる東急東横線の停車駅で、目黒区内に位置しています。駅名からすると都立大学の最寄り駅のように聞こえますが、現在は同大学がこの地から移転しているため、大学キャンパスの最寄りとして利用されているわけではありません(大学名も「首都大学東京」と改められている)。これは隣駅の学芸大学とも同様で、今後改めて新駅名が設定される可能性も残しています。

東横線の各駅停車のみの駅という面で、次駅の自由が丘などに比して劣るという点は否めませんが、日常生活の利便性や居住エリアの質感については、他の目黒区内の駅と同様に優れていて、住宅街においても高級感に満ちた景観を見せています。

東横線の線路と交差するように「目黒通り」があり、駅の東側には幹線道路「環七通り」が南北に、北西側に自由通りが東西に走ります。目黒通りと自由通り沿道では高層住宅が比較的少ない分、開放的な気分で歩ける環境となっています。

ただ環七通りはその交通量の多さ故に自動車騒音が耳につく居心地となりますので、目黒区の上品な住環境を満喫するなら、大通りからは距離の離れた地点を考えることをおすすめしたいところです。

 

環七通り
さすがに騒音が気になる環七通り。これを渡った先にも質の高い住宅街が続く

 

駅周辺

都立大学駅
都立大学駅前の地点で線路は高架上を走る

駅周辺は小規模ながら商店街が形成されています。この駅前部分が高架線路となっているので駅周辺での移動に支障はなく、人通りも過多ではなく良好な居心地です。駅前スーパー「東急ストア」が深夜1時まで営業しているのも嬉しいところでしょう。お洒落さと活気が見事に両立している隣の自由が丘と比べると大人しいところのある商業エリアですが、気張らず落ち着いて買い物のできるという点でかえって好印象です。

 

商店街
こじんまりとしながらも、必要十分に日常生活を満たす商業エリア
商店街
人ごみが苦手な人でもストレスなく買い物ができる

商店街

住宅エリア

住宅街住宅街は素晴らしいものがあります。目黒区は居住地としての人気も高く定評を維持していますが、まさにそれが頷ける良質な景観と環境が整備されています。自由が丘周辺の住宅街と比べても遜色のない、上品さに満ちたものです。

駅から近い「目黒区平町」、西方に広がる「目黒区八雲」、東方の「目黒区柿の木坂」、環七通りを越えた先の「目黒区碑文谷」と、どれも住宅街住み心地抜群な質感高い住宅地となっています。

住宅街住宅街住宅街住宅街

都立大学の住み心地は?

住宅街住宅街の上品さと質感が最大の魅力と言っていいでしょう。賃料相場が自由が丘と同等となりますが、東横線沿線でより静かな環境を求めるとすれば、この都立大学を候補として外すわけにはいきません。

なお、環七通り沿いの建物を居住にすることについては、かえって駅から離れてあまり利便性のメリットがなく、自動車騒音と排ガスによってせっかくの良質な住環境がスポイルされてしまいます。高級感と上品さを併せ持つ目黒区の素晴らしい環境を考えるなら、ぜひとも騒音のない閑静な地点を探してほしいところです。

 

都立大学の家賃相場

都立大学の住み心地をチェック」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です