武蔵小金井の住み心地をチェック


総合

小金井市役所
小金井市役所
駅前の様子
駅前の様子

武蔵小金井は、東京都小金井市の中心地となる、JR中央線の停車駅です。新宿から10つめの停車駅ですが、中央特快、通勤特快まで停車する国分寺が隣駅なので、乗り換えの工夫次第で35分前後で新宿と行き来できる立地となります。東方で東小金井、西方で国分寺とそれぞれ接し、南北に走る都道15号「小金井街道」伝いに西武新宿線の花小金井駅とも接しています。隣駅間の徒歩は厳しいですが、鉄道を補完するようにバス網も整備されているので、買い物などでの市内移動はそれほど難でもありません。

住宅地が大半を占め東京のベットタウンといわれる小金井市ですが、武蔵小金井は行政上も位置的にもその中心地として機能しています。市役所の最寄りである他、駅周辺にはそこそこの商業エリアを形成し、日常生活上の利便性も問題ありません。

武蔵小金井エリアの地理上で留意しなければならないのが、「国分寺崖線」と呼ばれる高配のある段差や坂の連なりでしょう。駅から南側に位置するこの崖の線のため、南方面での居住は駅との行き来に坂超えが日常となってしまいます。また反面、この坂上から見下ろす府中エリアの景観が得られる、という副産物もあります。

 

国分寺崖線から府中側を見る
国分寺崖線から府中側を見る
中央線の高架線路
中央線の高架線路

駅周辺

武蔵小金井駅北口
武蔵小金井駅北口

小金井街道と中央線の線路が交差する形で、その交差地点に駅が位置しています。出入り口は北口・南口に分かれますが、高架線路構造によりその往来はスムーズで、南北ともに大型建物を中心とした商業エリアができています。大型スーパーは「西友」「イトーヨーカドー」と揃い踏みで、北側徒歩10分の地点にある「グルメシティ」も含めて、この界隈の買い物利便性を担っています。かつては踏切交差で南北の移動に不便を極めていた駅前ですが、現在は高架化によりすっかりストレスのない駅周辺です。

 

駅前の商業エリア
駅前の商業エリア
大型スーパー
大型スーパー「西友」は24時間営業
商店街
駅前商店街
グルメシティ
駅から徒歩10分前後と多少離れるが、こちらも24時間営業の食品スーパー「グルメシティ」

静かで清涼な住宅街

住宅街
静かな住宅街
住宅街
小金井エリアの大半はこのような平和な雰囲気につつまれる

もともと閑静な居住地域であるこのエリアだけに、駅から5分も歩かないうちに非常に静かで平和的な住宅街が広大にひろがっています。緑も豊富で清涼さがあり、低層建物が多いので開放的な居心地です。一方で、主要道路である「小金井街道」「新小金井街道」沿いには高い集合住宅がいくつか建ち並びます。利便性を重視して駅至近大通り沿いか、落ち着いた住環境を重視して住宅地か、住み心地が明確に分かれる選択肢がありそうです。

なお、住宅街でも駅近(というより線路近)に位置するエリアは、中央線の走行音に注意すべきだと思います。高架上を走るとはいえ、特快や通勤快速が高速で通過していくので相当の鉄道騒音があります。静かな住宅街だからこそ余計に気になってしまうかもしれません。

 

住宅街
低層住宅の多いエリアでは解放感も感じることができる
住宅街
落ち着いた住環境を満喫

武蔵小金井の住み心地は?

国分寺崖線
国分寺崖線の急坂の連なりは、日常の生活に大きく影響を与える

利便性と住環境がほどよく備わった地域です。都心への移動では一度新宿へ出る必要がありますが、その行動範囲で十分な人によっては、家賃相場を考えれば魅力ある候補の一つに挙げることができそうです。

ただし注意を要するのが、上述の「国分寺崖線」と「電車騒音」の2点です。そのため居住場所と建物の遮音具合は要チェックでしょう。

住宅街
緑も豊かで、都会の喧騒を忘れることができる

 

武蔵小金井の家賃相場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です