豊洲の街並み

豊洲の住み心地をチェック


総合

豊洲の街並み
豊洲の街並み
晴海通り沿い
晴海通り沿い

豊洲は、東京メトロ有楽町線が停車し、新交通「ゆりかもめ」が発着する江東区内の駅です。西側に埠頭、南側に東雲運河があり東京湾に接した臨海エリアであるこの地域は、近年の再開発が進んだことで、工業地域から居住地域へと大きく変貌しています。現在もなお、いたる場所で開発工事が続けられており、今後もさらに街として充実していくことが期待されています。

交通の便については日本橋、銀座方面へのアクセスが非常に良く、新宿、渋谷といった副都心へはやや面倒となります。千代田区や中央区を普段の行動範囲とする方にとっては便利なエリアといえます。

大正までは海、昭和までは工業地帯だったエリアということで、人々が住み生活をする居住地域としての歴史は浅く、老朽化した建築物や歴史的遺産がまったくない、非常に前衛的な雰囲気を感じることができます。潮風を感じるベイエリアにて開発されているその先進な街並みと景観は、「都会に住まう」というステータスを前面に感じることできることでしょう。

 

豊洲周辺
住宅・企業ビル・商業施設、どれもスケールが大きい

駅周辺

豊洲駅
大通りの交差点に位置する豊洲駅出入り口
豊洲駅(ゆりかもめ)
ゆりかもめの駅は高架になっている

都道304号「晴海通り」が豊洲エリアを縦断し、中心の豊洲駅前交差点の地点に駅出入り口があります。有楽町線の出入り口は晴海通り沿いに複数あり、都道484号との交差地点にゆりかもめの高架駅があります。鉄道との出入りはこの駅前交差点に近接しているため有楽町線とゆりかもめの乗り換えはそう難儀ではありません。

駅前は人通りこそ多いものの、店舗群はそう多く密集しておらず、近隣にある大規模な複合商業施設がこのエリアでの日常の買い物の便を賄っています。仕事で豊洲に立ち寄ったビジネスマン等は駅前の店舗へ、この地域に住む人々は大きな商業施設へとすみ分けられ、繁華街にありがちな雑多な空気がまったく感じられない、開放的な駅周辺です。

 

駅周辺
駅前から大規模な建物が立ち並ぶ
駅周辺
駅前の商業性は控えめ
ららぽーと豊洲
複合商業施設「ららぽーと豊洲」
イオンモール
駅から東雲方面に歩くと見える「イオン」

 

住宅はほぼ集合住宅

 

高層マンション
豊洲に住むなら、中高層マンションがほとんど
マンション
集合住宅周りも、よく整備され道幅も広い

このエリアでの居住建物は、ほとんどが中高層マンションといった集合住宅となっています。とにかく大規模建築物が多く立ち並ぶ光景が駅を中心に広がりますが、道路の道幅も大変広くとってあるので圧迫感はなく、先進的で壮大な街並みを見ることができます。

古き良き閑静な住宅街とは対極の印象を放つ居住エリアですが、近代的な都会を雰囲気を存分に感じられる生活を好む人にとっては、大きな魅力として映ることでしょう。

 

マンション
ベイエリアの高層マンションは、窓からの景色が特に良い
ホームセンター
日用品の買い物は近辺でまかなえる
高層マンション
高層マンションは現在も多く建設中

造られた良い街

豊洲の街並み
完璧に整備された街並み

どの街も、歴史の流れとともに多様な色彩を熟成させながら個性を帯びていくものですが、現代人の知恵と技術によって全面的に再開発されたこの豊洲エリアは、歴史的風情が皆無で、人工的に造られた街という印象をおぼえます。そのため、いわゆる「合理的なまちづくり計画」の産物である公共施設や公園、遊歩道が適所配置され、人々の生活利便に資する、優等生のような街として形成されているかのようです。

 

遊歩道
子供連れのファミリーも安心して散歩できる、住みよいまちづくりの恩恵
豊洲の街並み
豊洲運河沿いにも高層建物が並ぶ

豊洲の住み心地は?

豊洲の街並み臨海地域特有の「近代的な景観」に大いに魅了される人にとっては、まず候補に入れておきたいエリアといえるでしょう。反面、昔ながらの落ち着いた風情ある風景を少しでも懐かしむのなら、そのような空気がゼロに等しいこのエリアは慎重に考えなければなりません。

夜の豊洲

豊洲の家賃相場

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です