永代通り

東陽町の住み心地をチェック


総合

駅出口
永代通り沿いに位置する東陽町駅出口

東陽町は、江東区役所の最寄りとなる東京メトロ東西線の停車駅です。地下鉄1本停車としては栄えたエリアで、まるで乗り換え駅であるかのように周辺には商業色が溢れた街並みとなっています。西方に木場、東方に南砂町とそれぞれ1キロ強の距離で接しています。

都心部から千葉方面へオフィス密集地域を中心に走る東西線の終電終着の駅でもあり、ここより東方は、ビジネス街の風景から一転して住宅街の色彩に変わっていくことになります。

永代通りと明治通りの交差点
永代通りと明治通りの交差点。南砂町に近い地点だが、まだ雰囲気はオフィス街。

賑やかな駅周辺

繁華街
地下鉄線のみ停車の駅前の中では、抜群の栄え具合。
繁華街
賑やかな永代通り沿い

東西線の駅出口は、交通量の多い大通り「永代通り」沿いにあります。この通りに大きい高層建物が立ち並んでおり、歩道の人通りなかなかの多さです。江東区の行政本拠地域なだけにさすがと言える賑やかさですが、歩道も含めた道路の幅が広いためか、狭苦しさを伴う不快な喧騒感はありません。

居住するにはちょっと落ち着かないか

永代通りの喧騒を逃れて脇道に入っても、中高層のコンクリート建物に囲まれているかのような環境は続きます。大きな建物の集合住宅が中心で閑静な住宅街というには程遠く、やや落ち着かない住環境となりそうなエリアといえるでしょう。

永代通りから脇道へ
「閑静な住宅街」とは言い難い風景
永代通りから脇道へ
永代通りから脇道へ入っても、中高層の建物が目立つ

東陽町の家賃相場

一人暮らし向けのお部屋で最低6万円台後半~といったところで、満足のいくお部屋を求めれば7~8万は必要になってきます。2人入居向けの物件でもちょうどこの倍額という、高めの相場となっています。

東陽町の住み心地は?

中高層建物たち江東区の行政中心地にしてビジネス街なこのエリア。落ち着いた住環境を求める人にとってはあまり適切な地域ではなさそうです。買い物の至便についても、食料品や日用品の調達のしやすさでいえば、隣駅の木場や南砂町に優りません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です