曙橋の住み心地をチェック


総合

曙橋駅出口
陸橋真下にある曙橋駅出口

曙橋は、都営地下鉄新宿線で新宿駅から2つめの停車駅で、その名の通り、外苑東通りに架かる陸橋の真下に位置しています。四谷エリアと牛込エリアの間という、新宿区内の好立地でありながら、駅周辺は商業的に控えめな落ち着いた環境となっています。(ただし、大通りが交差する地点なので自動車騒音は結構大きい)

駅出口は外苑東通りではなく、陸橋下の靖国通り沿いにあります。靖国通りを伝って東西にそれぞれ市ケ谷、新宿三丁目、外苑東通りを伝って南北に四谷三丁目牛込柳町と1キロ程度の距離で近接しているので、交通アクセスには大変便利な地域といえるでしょう。

1997年まではフジテレビ本社(移転前)の最寄り駅でしたが、現在は「中央大学ロースクール」「防衛省」といった施設の最寄りとして利用されています。

駅前の歩道
駅前の歩道

駅周辺

曙橋陸橋上
曙橋陸橋上(外苑東通り)
駅周辺
駅周辺は、背の高い建物が多く建ち並ぶ

曙橋陸橋真下の駅前はそれほど賑やかでもなく人通りもそう多くありません。大通り沿いにオフィスビルや高層マンションが多く建ち並んでいて、これらの大きな建物に囲まれるような圧迫感を感じます。駅からわずか西側に位置する「あけぼのばし商店街」付近は日常の買い物場所になりそうですが、東側は、防衛省の広大な敷地と通信塔の存在にためか心なしか殺伐な印象を受けます。

商店街入り口
「あけぼの橋商店街」入り口。近くにはスーパーもあり、日常の買い物の利便性は悪くない。
曙橋陸橋
曙橋陸橋。高さ200メートル超の通信塔が、駅周辺の景観に影響を与えている。
駅周辺
靖国通り沿い
防衛省前の歩道
防衛省前の歩道(曙橋駅と市ケ谷駅の間の界隈)

住宅街

住宅街
大通り沿いから逸れた道を行くと、静かな雰囲気に。
住宅街
家賃相場は新宿区内の周辺地域に比べて格安なエリア

靖国通りや外苑東通りといった大きな通り沿いから脇道へ入ると、落ち着いた住宅街が広がります。街並みとしては四谷エリアのような重厚な高級感はなく、中層マンションと築年古めのアパートが混在する、牛込や神楽坂エリアのような若干古びたような感覚の住宅地となっています。

曙橋の家賃相場

一人暮らし用のワンルーム、1K、1DKといった賃貸物件で6~7万円から借りることができそうです。同じ新宿区の牛込や神楽坂界隈よりも1~2万円程安い相場はなかなか魅力的といえ、これらの地域を狙って予算を考えていた人なら、かなり贅沢志向のマンションを借りることができるでしょう。

曙橋の住み心地は?

駅周辺殺風景な印象を感じる部分もある地域ですが、決して住みにくいというほどでもないと思います。駅近くに商店街、スーパーもきちんとあって買い物の至便も悪くありません。何より、新宿駅から2つめという良好な立地のわりに家賃相場が比較的格安な点は大きなポイントです。「便利な場所で、できるだけ安くお部屋を借りたい」という人にとっては、候補として憶えておく価値のあるエリアといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です